2017年6月26日月曜日

2017関カレ レースレポ

こんにちは、2年岩碕です。
関カレについて振り返りたいと思います。
今回はパートに分けず、長々とまとめて(どっちだよ)書いていきます。





結果から言うと今年もインカレに出場することはできませんでした。

正直、渡良瀬を終えた時は
「去年と比べてかなり力がついた、あと1ヵ月もう少し伸ばせば届く…!」と思ってました。
やれることはやってきたつもりだし、不安はあったけど失敗することはまったく考えてなかったです。


レース前日も移動の車は楽しいし、宿のご飯はすごいし、温泉も最高だしでリラックスできたし、モチベーションもかなり高めることが出来たと思います。




それでもいざレースが始まると本当に何が起こるかわからないものですね。
僕の目標としてはスイム22分台+バイク1h4分台→スプリット1h27分で60位くらい、そこからランで粘るつもりでした。
なのにスイムアップ、泳いでる感触は悪くなかったと思う…けど24分半。
周りから100位と言われる。
予定外。すべてが狂った。


それでもまだ諦めずにバイクでコツコツと抜いて、、、去年よりバイク力は上がったことを実感できても周りと比べるとやっぱり坂が弱い。順位を8つだけしか上げることができず、スプリット90位。


ランが苦手な僕としてはもう絶望。
それでも諦めない、諦めたくない。
前半、無茶だと分かっていてもいつも以上のペースで走る。でも抜きつ抜かれつ、順位は上がらず、むしろ少しずつ落ちていく…
最初の無謀なオーバーペースもあって、ラストはスパートをかける力すら残らず、結果107位。




タイムは去年より10分も縮まった。始まりはスイムは26分半かかってたし、ランもTTで47分かかっていたけどここまで伸びた。それでもまだインカレの道は遠い。

この状況、本当なら悔やむべきだろう。それでもレースを終えた翌日、今は感謝すらしてる。
来年もまた挑戦者としてインカレ出場をかけて挑める。
来年こそはインカレ出場を決め、観音寺の地でレースができるようにまた1年間頑張ります!





最後に、応援してくれたOB・サポート、レースを終えたばかりの女子選手のみなさん
関カレ遠征を運営してくれた3年生のみなさん
今日まで一緒に練習してきてくれた部員のみなさん
新しく入ってきてくれた1年生やひなさん秋本さん
遠くまで運転してくれた運転手のみなさん
多くの人に感謝です。本当にありがとうございました。


また改めて、今日からいろいろとよろしくお願いします。








P.S.     
今回、僕もたくさん運転しました。
山下さん、僕は生きてます。
僕の車に乗ったみんなも生きてます。
無事故バンザイ。

1 件のコメント:

  1. ランに臨む姿勢は素晴らしいです!
    こういう姿勢が自分の殻を破るきっかけになるんじゃないかな
    とりあえず今回の遠征はドラでの失格と運転が心配だったけどどっちもなくて安心です。笑

    返信削除