2017年5月5日金曜日

誕生日のつぶやき

みなさんは1年の中で一番好きな季節はいつですか?
ぼくは若葉のやさしい色に、かすかに夏の香りが混ざるこの季節が好きです。

どうも本日こどもの日に21歳になりました、マツザキです。 

誕生日ってことで部ログ書こうかなと思ったんですけど特に書くことがありません。

そうそう、新入生。今年もたくさんの新入生が入ってくれました。

ああ自分がつくトラに入ったのはもう2年前なんだなあ。時間の流れがこわいです。

入部当初のぼくはバイク、ランはビリか下から二番目。スイムも経験者なのに最初のTTで匠と勝負にすらならなかったどころか競技としての水泳の経験がないともきにも負けるという。もう井の中の蛙が筑波大のプールで溺れてる感じでした。
こんなはずじゃなかったのに…と何度も思った。

そんな僕が今、つくトラの主将としてブログを書いているということで、じゃあ過去と今を繋ぐものは何かというと、「インカレにでてみたい」という目標が常にブレずにあるからだと思います。だから課題が多くて倒れかけようが、全治数ヶ月の怪我をしようが、競技を続けてこれているんだと思います。

最初はたぶん心身ともに相当弱々しく、見ていた先輩たちも「コイツ大丈夫か?」と思ったことでしょう。でも3年目になってようやく、やっと、競技的にも、精神的にもカタチになり始めてるなと実感しております(それでもインカレいけるかどうかは微妙なところですが)

入部式でも似たようなことを言いましたが新入生のみなさん。正直言ってこの競技はキツイ。学業との両立だって簡単じゃないかもしれないです。自分が思ってたのと違うと思うこともあるかもしれません。
でも、自分のやってみたいことに何も考えずに真っ直ぐ突き進めるのは学生時代が最後なんじゃないかなと思います。
一生懸命本気で頑張ったことってのはいつでも胸の中に残って、いざという時に自分を支えてくれます。どうせ周りと同じく大学生という期間を過ごすなら、ひと味違った大学生活も良いんじゃないでしょうか?


ああ書くこと決めずに書き出したらワケワカラン文章になってしまった。

今年の新入生には僕が入部したときの山下さん達と同じように写ってるのかな、どうだろう?

でも新入生を見てると自分が入部してきた頃のことを思い出せて、良いカンフル剤になります。

自分が幹部代をやってる時に入ってきた新入生ってちょっと特別なのかもしれません。もしも、4年生や院生になっても競技が続けられるのならばああこいつらと一緒にインカレで戦いたいなと思う今日この頃です。

みんな、練習頑張りましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿