2016年10月30日日曜日

少しずつでも前に


こんばんは松崎です◉

先ほど実験レポートを書き上げようやくゆったりできそうな感じです。今回のレポートは欲しいデータが載っている参考資料をうまーく見つけられて(当社比)質の高いレポートを作ることができました。


そんなことは置いておいて本題に


今日は青柳さんの実験のお手伝いで1500m泳いで、1時間ほど自転車に乗って、10キロ走るアレをやりました。


今回は2回目なのですが、前回と違いバイクがものすごくキツく感じ、ランに入るまでにふらふらになってしまいました。


とりあえずフィニッシュ目指して脚を交互に前に出す。

5キロまではなんとか走れた。そこから段々と足の裏の感覚がなくなり、7キロ過ぎで完全に足の裏がダメになる。痛いのかどうかすらもわからない。8キロ地点ではふくらはぎあたりまで痺れてきた。足はひと回りもふた回りも大きな靴を履いているような感覚で転びそうになり、思わず止まる。屈伸するとふくらはぎが攣りそう、やばいと思いながらもなりふり構わずとにかく乱暴に脚をぶん回した。

走っている時、目線は伴走してくれている青柳さんで、頭の中は那須塩原だった。足を地面につけるのすらキツイはずなのに今年関カレで勝負すらできなかった悔しさを思うと誰かが走れ!走れ!と言っている気がして、それだけが原動力になって前に進んでいたような気がする。


ラスト1キロくらいで青柳さんが「キャプテンだろ!頑張れよ!!!」的なことを言ってくださってなぜか泣きそうになり、そして更に力が入る。自分にしては結構長めのラストスパートをかけて力を最後の一滴まで振り絞ってゴールした。


4140


決して速くはない、というか寧ろ遅いタイムだけれどランで47分以上かかった潮来や、44分かかった関カレから考えれば、少しずつだけどちゃんと前に進めてると実感できた。

タイムがどうとか以上に、自分にしては珍しくかなり強気な10キロ走で今思うととても不思議。少しばかり強くなれたような気がした1日だった。


トライアスロンは本格的にシーズンオフに入りました。ぼくのこの冬の目標、というか使命(?)は「怪我をしないこと」だと思っています。去年の冬は腰を痛め、膝を痛め完全に棒にふるってしまいました。

練習をしっかり積めば少しずつでも前に進める、そう信じているのでまずは怪我に最大の注意をしていこうと思います。

寒くなると何かと怪我のリスクが高まるので皆さんも注意していきましょう!


ではでは


2016年10月21日金曜日

渡良瀬レースレポ(脇役)

こんにちは。山下です。
テンション低いです。
その原因は、



多分、

いえ、風邪、です。

火曜日から治りません。
咳に始まり、鼻に移ったかと思ったら今日からは発熱です。

ジーザス。

風邪になった主な要因は
・マイナスドライバー
・渡良瀬の水がきたnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn
・研究室が寒すぎる
・体力が無いから(結局これに尽きる)


まあ理由は置いといて火曜日からほぼ寝っぱなしだと布団の中で色々と持て余すわけです。
時間を。
じゃあ久々書こうじゃあないかと。


今回はチームTTオープンということで
元パートリーダーのシゲ、森と 「本日の脇役」 という恥ずかしいチーム名で関カレぶりのレースに出てきました。


10/7
レース前に一回くらいは3人でバイクの練習しようぜってことで北部に。
僕がつくばを離れている間に練習を積んでいたであろう二人。
この日、

巡行38km/hでシゲは千切れた

それに伴ってある程度レースの方針が決まった。

・俺の決戦ホイールはシゲが履く。
・シゲはバイクで引かない。
・森はランに温存するためにバイクあんまり引かない。

ね!おかしいよね!!
練習しといてよ!ってね!



10/15(レース前日)
この日は夕方からつくば駅でやってる"食と酒 東北祭り"へ。
良い!今年も良い!!
様子を見に行く体で行ったのにガッツリお金落としてきてしまった。

そのあとは部室で手のひらにマイナスドライバー突き刺したり、
心臓より高い位置に手を挙げたりと、
二年生が幹部になって初めてのレースにしてはなかなかスムーズな積み込みだった。
ぐっじょぶ。



10/16
最近、睡眠を取るタイミングが訳わからなくなっていたおかげで、早起きは余裕。
久々の運転もトラブルなく会場へ。
他大の友達と会うのも久々なので偵察もといおしゃべりへ。
皆相変わらずで楽しかった。
afloの3人が一番相変わらずだった。

学習院の越部と合流して(?)
桐の葉も無事済ませ、いよいよ新幹部第一戦。

まずは大輝が個人選手権
その次は個人オープン女子、男子
そのあとチームTT女子、男子
いよいよ僕らもスタート。


スタートの位置取りはおなじみアウトコース
優の後ろについてスタート
今回のスイムのテーマは

「ガチ」

いかにシゲに差をつけてトランジで休みを得るか。
キックも関カレの倍くらい打ったんじゃないかな。
おかげで折り返したあと、しばらく背泳ぎしました。。
その後優に追いついて離されてスイムアップ。
タイムは今の実力からしたら大満足。
トランジで他大の皆をお見送りできたのも良い思い出。


さて、
僕の二分後に森、さらに一分後にシゲがスイムアップという展開。
シゲの姿を確認した途端に出発する森。
ちょ待てよ(キムタク風)
と思いながら、まぁいいかと見送ってシゲのトランジを待つ。
乗車して、さあ!張り切っていこうか!と巡行を上げようとしたその時、

シゲ 「パンクしてんだけど。」

majika
しかも両輪、イっちゃってるぅ!
訳あって後輪のみ決戦だったわけだけど、そのチューブラータイヤまでイってしまわれていた。

スペアどこどこ!って慌てていると近くで応援していた日体の方々が教えてくれました。
その節はありがとうございましたm(_ _)m
しばらく明治の人たちとしゃべりながら、
次々僕を抜いていく選手に声援を送りながら
シゲを待っていると後輪に未だ決戦を履いたシゲが登場。
後輪もパンクしていることを伝えると驚きを隠せない様子。
プニプニだけどホイールにはそんなダメージなさそうだったのでとりあえず一周回って来たらってことになって出発。

明治の赤澤が伝えてくれたおかげで待っていた森と合流し、ようやくチームTT開始。
選手権の3人に抜かれたり、もっかい抜いたり、
スペアとチェンジしてる隙に抜かれた明治の「ろくこうす」チームを抜き返したり
しんど楽しいバイクだった。


ランもしんど楽しかった。
一番サポートと選手の顔が見えるのもあって声を張り上げながら走った。
僕がちょっと飛び出したり、森が飛び出したり、それに対して二人でキレたり。
ラスト300mくらいで森が
「じゃあこっからダッシュね」って言ったときはマジ殴りそうだったけれども。

と言いつつ、3人で同時フィニッシュするときに左足を突き出して
結果、二人に1秒勝ったんだけれど。(あほ)


リザルトはHPの見てくださいまし。こちらから。



3年ぶりのチームTTは今までのどのレースとも違う気分で、
なんとも言い難いものでした。
今後は年に0~1回ペースでロングに出ようと思っているのであと二年間は学生ですが、
学生レース最後かもしれないなー、なんて思いながらのレースでした。
そう思うと寂しさも込み上げてきますけど、
そこまででもないのは、今まで悔いなくやってこれたからで、
いや、レースそれぞれに悔いはあるんだけれども、全体通したらほぼない、です。
それには、全力で打ち込める環境と、周りの後押しが不可欠でした。
学生の本分は勉強だけど、それ以外の学生の間にしかできないことは山ほどあって、
それが僕の場合はトライアスロンを通した色々だったんだな、と。
一時期は、今の自分からトライアスロンを取ったら大学生活でなんも残らねえな、ってくらいの時もあったけど。
でも今はそんなことありません。
主将やったり、RPLやったり、色々間違えたし悩んだし(そんな悩んでないけど)、そのおかげだなって思います。もちろん勉強も!それなりに、、、
新幹部も僕らと同じ様にたくさん間違えるだろうけど、「新」が取れたくらいの時期に自分の中にトライアスロン以外の色々がより多く残っていたらなぁ。なんて。偉そうに。笑


真面目トーンでしらけてきてると思うのでこの辺で。
とりあえず、一か月フランス行ってきて思うのは
Merci à tout !!!

こんな感じです。


色んな人とフランス美女の話を共有したいなあ。。。



っと最後に!
次のトライアスロンレースですが近藤さんを真似てNZ!行ってきます!
共に行く3人、よろしくね♡

の前に南関東あり得るかもです。。高崎さん。笑

2016年10月18日火曜日

解散!RPLオールスターズ 

こんにちは。ついにつくトラ内で無職となりました、菊池です。新幹部運営お疲れ様&ありがと〜
2年生のアタフタする姿をみて改めて幹部の大変さを実感しました(笑)
タイトルとあまり関係ないこと書きまーす!秋の渡良瀬のレースレポです。

〜プロローグ〜
インカレを終え、幹部も終え、完全に燃えカスとなっていた9月中旬。練習には行くものの、チンタラとしており
本気を出さない日々。完全に練習する意味を見失っていたある日、「いきなりだけど、チームTTでない?」広島の松野からのお誘いが。
考える暇もなく、本当に反射的に、「いいよー!頑張ろうぜ」と返信していた。自分でもび っくり majide。
更に東北の熊谷を加え、一日限りのスペシャルチーム「RPLオールスターズ」が結成!